ぼくらのアニメソング

当ブログはアニメソングを、多面的な視点からレヴューしていくものです。 当面は各ライターが不定期に書いていきます。

はじめに

アニメソングとは、アニメのオープニングとエンディングに、制作に関わったスタッフの名前や制作会社を紹介する際に後ろで流れている楽曲。大まかに言えばそういったものである。

 

それだけのものなのに、どうしてこんなにも心を鷲掴みにされるのだろう?

 

楽しいとき、悲しいとき、ひとりでいるとき、みんなと一緒のとき。

 

いつしかアニメソングはぼくらの生活の傍に、当たり前に存在するものとなった。

 

ぼくらはもっとアニメソングのことを知りたい。

 

このブログでは、アニメソングを様々な論客によって、多面的な視点から論じていくことを目的とする。

 

それぞれの時代に生まれてくるアートは、その時々の時代・世相を反映するものであり、勿論アニメ・アニメソングにおいてもその例外ではない。つまり、生み出されることに何かしらの意味を持っているのである。

 

書き手のぼくら、読み手のあなた、それぞれに視点と解釈は存在する。何が正解なんてのは知ったこっちゃない。そこに生まれる摩擦・軋轢を楽しんでいこう。その先に大事なものが浮かび上がってくるはずだ。

広告を非表示にする